クレジットカードの基礎知識。キャッシングする際の注意点まとめ

クレジットカードの基礎知識。キャッシングする際の注意点まとめ クレジットカード
クレジットカードの基礎知識。キャッシングする際の注意点まとめ

どうしても現金が必要になった…人生、そういう場面が少なからずありますよね。そんな時、手持ちのクレジットカードのキャッシング機能を利用して、すぐに現金を借りる事が可能です。

しかし、あくまでもキャッシングは借入れ。平たく言うと「借金」です。

クレジットカードのキャッシング枠は十万から数百万円まで、それぞれあるでしょうが、あくまでもお金を借りるだけのこと。自分の貯金になったような感覚を持つと非常に危険なので注意しましょう。

こちらの記事では、キャッシングの利用方法と借入の際の注意点などをまとめました。

キャッシングとは?

多くのクレジットカードには、買い物に利用できる「ショッピング利用枠」とATMなどから現金を借入できる「キャッシング利用枠」の2つが設定されています。

この現金を借入できる機能をキャッシングと呼びます。キャッシングの利用枠は、クレジットカードを申し込みの段階で上限を希望して設定します。あまり上限を高くしすぎると審査が通らない場合もあります。

また、何度か使ってきちんとお金を返していると、キャッシング利用枠が増大することもあります。

キャッシングの返済方法については、翌月一回払いとリボ払いを選ぶことができますが、どちらにせよ必ず「金利手数料」というものが発生します。クレジットカードによって金利手数料は違いますが、だいたい年15~18%くらいが相場だと思います。

クレジットカードでキャッシングをする際は、必ず金利手数料を調べることをおすすめします。

簡単なキャッシング利用方法

キャッシングの方法は拍子抜けするほど簡単です。そのクレジットカードの提携金融機関のATMや提携会社のキャッシュディスペンサー、また多くのコンビニATMで利用することができます。

ATMでキャッシングカードを挿入し、「お引き出し」を選んで暗証番号や借入れたい金額を入力します。

次に返済方法を選択。「一回払い」か「リボ払い」かを決めましょう。個人的に少ない金額であれば一回払いをおすすめします。リボ払いは利息を払うのがばからしいので。

もし十万円以上のまとまった金額が必要なのだとしたら、クレジットカードのキャッシングで借りる前に、銀行のカードローン審査を受けてみることをおすすめいます。銀行のカードローンなら年金利がクレジットカードのキャッシングと比べ物にならないくらいに安いからです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました